マクタン・セブ国際空港「Aerotel Cebu」

マクタン・セブ国際空港 フィリピン

今回は、セブ・マクタン空港にあるホテル「Aerotel Cebu」についてご紹介します!

フィリピン セブ島は格安で英語が学べるため学生だけでなく多くの社会人の人が留学先として選んでいます。

留学費用、物価、はかなり安く、時期が良ければ航空券も格安で取る事ができます!

しかし、フライトの問題が少しだけあります。

日本↔セブの直行便ならあまり問題は無いのですが、日本↔マニラ↔セブと経由便では早朝や深夜のフライトということも多く、不便な点があります。

セブに着く時は指定した日であれば、学校の方が迎えに来てくれると思うので問題はありません。

しかし、帰りの便が不便であることが多いようです。

早朝~午前中の便であれば前日の夜から空港にいることをオススメします!

航空券はSkyscannerがおすすめです!

フィリピンの朝は渋滞がかなり発生するので、かなり早く滞在先を出発する必要があります。

そのため、前日の夜から空港のホテル「Aerotel Cebu」に泊まることをオススメします!

空港に入るには、セキュリティチェックがあり、不審者は入れないようにはなっていますが、それでも空港のイスで仮眠をしたり、夜明かしをするというのは不安という方に特にオススメします!

僕は、Booking.comで予約しましたが、トリバゴで料金を比較してみても良いかもしれません!

①Aerotel Cebuとは

「Aerotel Cebu」とはマクタン・セブ空港ターミナル2にある旅行者用簡易ホテルです。

夜中に到着したり、早朝に出発という方には大変便利になっています。


場所はターミナル2へ向かい、一番左まで行きます。(*ターミナル2へは入りません。

マクタン・セブ国際空港ターミナル2

そこにあるエレベーターに乗りL1に移動します。エレベーターを下りるとホテルしか無いので迷うことはありません。ちなみに、「nap&shower」とあるのが「Aerotel Cebu 」です。

エレベーターを降り、ホテルに入る際には、スーツケースや手持ちカバンなどすべて開けセキュリティチェックがあります。

プランは3・6・9時間があります。値段は1500ペソ・2200ペソ・2800ペソとなっています。

②部屋

洗面所
ベッド
シャワー
トイレ

机

実際、「Aerotel Cebu」に1人6時間で予約を取りました。

部屋にあったもの
 ベッド・机・椅子・テレビ・洗面台・トイレ・シャワー
アメニティ
 水・ティッシュ・ペン・メモ用紙・ドライヤー・歯ブラシ・コップ・くし・ヘアゴム・シャンプー・ボディーソープ・トイレットペーパー・ハンガー

③メリット

実際に泊まってみた中で感じたメリットはとにかくキレイ!!!でした。

そして空港の中という完ぺきな立地!

ターミナル1の発着便の方も無料のシャトルバスがあるので安心!


値段の分の価値はあるかなと思います。

また、モーニングコールがあります!(10分遅れてかかってきました)

英語ではwake-up-callなので、受付の際に聞かれた時に気を付けてください!

その他にも、フロントの横にコーヒーがあり、自由に飲めるようです。

部屋にはコンセントがいくつもあり、髭剃り用のコンセントまでありました。

また、テレビでは100種類ほどのチャンネルがありました。

④デメリット

デメリットはベッドが少し短いかなと。
身長174cmですが、足が少し壁に当たりました。
また、足元にテレビの配線があるので少し気になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました